結婚に必要な大切なもの|真実を物語る結婚指輪|いつまでも外れないように
男の人と女の人

真実を物語る結婚指輪|いつまでも外れないように

結婚に必要な大切なもの

新郎新婦

自分に合ったものを選ぼう

一生に一度しか着ないウェディングドレスは結婚をするうえでとても大切なものです。そんな憧れのドレスをどんな人でも綺麗に着こなしたいと願っています。年齢や体型、更に挙式スタイルや式場の雰囲気などに自分にあうドレスを選びます。ぽっちゃりしている人や背が低い人、年齢を重ねた人だからこそ似合うドレスがきっとあり、素敵に変身させてくれます。ウェディングドレスはAライン・プリンセスライン・マーメイドライン・エンパイアライン・スレンダーラインの5種類のシルエットがあります。すべて雰囲気が違ってきますので、好みのシルエットを見つけてみます。自分に似合う形やデザイン、式場でのドレス姿をイメージして選ぶことが大切です。

結婚式でのドレスの意味

結婚式で着るドレスといえば純白のウェディングドレスが思い浮かびます。白色には清楚・純潔・純粋などという意味があり、ウェディングドレスのカラーにぴったりの色です。この色を着た花嫁さんは純真無垢な印象を受けます。ウェディングドレスに白色が多いのはけがれ、悪を払うという意味が込められているそうです。この白という色は何も染められていないという意味があることから、結婚後は夫の色に染まりますというメッセージが込められているそうです。このような意味を知って着るウェディングドレスは特別なものになります。白のウェディングドレスは花嫁さんの象徴ということで、結婚式の定番となった白色のドレスを着る人が多いのです。